楽しいファミリーキャンプ >> 基本的なマナー

 Copyright(C)2001–2022 楽しいファミリーキャンプ FC(作者) All Rights Reserved.


世の中いろんな人がいます。でも、他人に迷惑をかけないのはオトナのルールです。キャンプ場で最低限度、心がけて欲しい基本的なマナーを以下に記します。

サイトトップへ ]
ご覧頂いているページはウェブサイト「楽しいファミリーキャンプ」のフレーム内コンテンツです。
上のリンクからサイトのトップページへお越し下さい。他のコンテンツへのインデックスがあります。


基本的なマナー 「音について」

友と語らう声、クルマのエンジン音、こどものはしゃぐ声などなど・・・。キャンプをする上で避けられない音もあれば、不必要な騒音もあります。
風の流れる音や沢の音、小鳥のさえずりや虫の声など、都会では得られなくなったものを聞きにくるキャンパーも少なからずあります。
キャンプに関する、心掛けたいマナーをまとめてみましたのでご参考下さい。


心掛けたいマナー

音に関するトラブルの一番の原因は、自分にとって快適な音あるいは気にならない音が、他人にとっては堪えがたい騒音かもしれない・・・ということに考えが至らないことにあります。
得意満面で音を出し、あるいは気にもしないで音を出し、その結果として他人に苦痛を与えているのだということを、もっと自覚したほうが良いのではないでしょうか。

夜中に酔っ払って騒がない
別に、キャンプ場に限った話ではありませんが・・・。
眠りに落ちてゆくのを酔っ払いのガハハ笑いでさえぎられた経験、ありませんか?夜のキャンプ場って、思った以上に音が響くんです。
久しぶりに逢った仲間と心ゆくまで話し込みたいのは私も同感なのですが、遅くともこどもが寝る時間までには静かにしたいものです。
私だってお酒は飲むし、遅くまで起きていておしゃべりもしますが、せめて声を落として、となりのサイトのチビちゃんを起こさないように気をつけています。
ガハハ笑いや大声でのおしゃべりは、夜のキャンプ場では禁物です。
エンジン音は騒音です
発電機を持ち込んでず〜っと回していたり、モトクロスバイクでキャンプ場を走り回ったり・・・。
やっている本人はさぞ得意満面なのでしょうが、他のキャンパーにとっては迷惑以外のなにものでもありません。
風の音を聴きに来ている人、虫の声を聴きに来ている人、川のせせらぎの音を聴きに来ている人・・・。キャンプ場に来ている人の大半は、そんな人たちなのです。
無神経なエンジン音は、そんな他のキャンパーの休日を台無しにしているのです。
発電機、ラジコン、バイクetc・・・。エンジンのついたものは、移動のためのクルマ・バイクだけにしましょう。そのクルマ・バイクでも、不必要なアイドリングや空ぶかしは他のキャンパーの迷惑になります。
出たっ、妖怪ラジカセ男!
さわやかな沢の音、風の渡る音、鳥たちのさえずりと虫たちの合唱、そして、ズンチャカズンチャカ・・・・??
得意満面で音楽を聴いている本人にとっては快適なサウンドも、それ以外のすべての人にとっては、ただの騒音にすぎないことに気づいていないのでしょうか・・・。
だいたい、キャンプ場にラジカセを持ち込むこと自体が、常識を疑われても仕方の無い行為なのですから、問答無用です。
「音楽を聴くのは私の自由だ。そういうことを言い出すなら、アンタのペグ打ちの音や薪割りの音もうるさい!」
中には、こういうことを言い出す人もいますが、寝言に耳を貸す必要はありません。
ペグ打ちや薪割りの音はキャンプにつきもの、すべてのキャンパーが受け入れています。ラジカセの騒音と一緒にすること自体が間違いなのです。
風の音、虫の声、鳥のさえずり、な〜んにもない自然の音・・それを楽しむためにキャンプ場に来ている、他のキャンパーの大切な休日と権利を妨害してはいけません。
どうしても音楽を聴く権利を行使したいのなら、あなたの音楽で台無しにされた他のキャンパーの大切な休日すべてに対して、補償を行うくらいの覚悟を持ちましょう。

こどものはしゃぐ声

楽しくて仕方のないキャンプ、はしゃぐこどもの声。
笑って許してくれるキャンパーも多いのですが、やはり限度というものがあります。真夜中にキャハハハと騒ぎまくったり、虫捕りに夢中になって夜明けの森をドタドタと走り回ったり・・・。こどもが嫌いな人も中にはいるかもしれません。
「こどものやることだから、そう目くじらたてなくても・・・」というセリフは、被害を受けた側にのみ許される言葉です。苦情を受けた側が口にしてよいセリフではありません。
マナーというものをこども達に教える良い機会かもしれません。オトナがきちんと、叱ってあげて下さい。


goto_home goto_index