SDG

朱鷺メッセ連絡デッキ落下事故の真相解明に挑む


第1章
連絡デッキの概要と事故原因解明の現況

「建築技術」誌上での連載

この連絡デッキの設計と施工の概要、それに事故発生の状況をSDGがわかる範囲内で「建築技術」誌上で連載した。この連載はSDGの主張を表明するためのものではなく、「建築技術」編集部の技術工学上の真実を解明すべきだ、との姿勢を受けて、SDGが持っている資料の提供と、見解を編集したものである。「朱鷺メッセ連絡デッキ落下事故」の真相を、技術工学的視点で解明しようとする「建築技術」編集部の意思に共感したからである。

この連載企画は1年間をかけて、この連絡デッキの設計内容、工事の実状、そして事故原因へと記事を連載する予定であったが、実際には事故原因解明は混沌としてきたために、掲載時期に合せてその時々のニュースを挟むことになった。だから、この連載の順序が、若干、混乱したものになっているが、それを並べ替えて通読すれば、この事故の状況を理解できるものである。

連載のテーマは、「朱鷺メッセ連絡デッキ落下事故  何故、落ちたのかとし、副題として、「直接原因を技術工学の視点から解明する」とした。

以下は「建築技術」誌上の連載タイトルである

  
    
2004年06月号   連載にあたって
2004年08月号第1回残存デッキを利用したロッド定着部の現地試験
2004年09月号第2回全体計画と構造設計
2004年10月号第3回残存デッキを用いたロッド定着部の実験室試験
2004年11月号第4回施工の実相
2004年12月号第5回事故原因・SDGの分析と見解
2005年01月号第6回「新潟県事故調査委員会の調査結果報告書」の疑問点
2005年03月号第7回座談会「怒ったってしょうがない、知らないんだもの」
2005年05月号最終回対談「落下原因はそんなことなの」
2005年05月号おわりに  「真の原因究明はいつ」


パワーポイントを使った事故の説明と原因調査の現況この事故の概要と原因調査究明の現況をまとめたものが、この「パワーポイント説明」(ナレーション入り)である。
  
  


back  |  序章  |  第1章  |  第2章_1  | . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . | . | . | . | . | . | . | . | . |  第27章  |  第28章  |  終章  |  next

SDG
Copyright 1997 Structural Design Group
Updated September 27, 2005