SDG

朱鷺メッセ連絡デッキ落下事故の真相解明に挑む


第3章
訴訟の意味を明確にするために

     民事裁判は、文書の交換で原告、被告の言い分を記録し、最後に裁判所が総合的に判断して、判決を出すらしい。
その書類を、「準備書面」と称している。この書面の中で、訴訟の相手側、被告SDGにとっては原告新潟県に対して、あなた方はこういうことを主張してるけど、実際は違うじゃないですか、と質問することになる。それを「求釈明」と呼んでいる。
今度は、求釈明に応じて相手側、ここでは原告新潟県が、SDGの主張は、ここがおかしい、自分たちが言ってることの方が正しいと反論する。その上で、SDGが再反論して再度、釈明を求める。そんなことを繰り返して、もうどちらかが反論できなくなったら、準備段階、すなわち準備書面のやりとりは終了するらしい。

そこでSDGが発行した準備書面を記録するが、文中で甲第○号証とあるのは原告新潟県が裁判所に提出した証拠書類、乙D第○号証は被告SDGが提出した証拠書類である。

裁判が始まったのだが、SDGは何で新潟県から訴えられているのかわからないから、SDGの「準備書面(1)」で、その問題を取り上げた。

「準備書面(1)」は、以下であり、平成17年(2005年)1月27日に新潟地方裁判所と原告新潟県に送付した。



以下、SDGの「準備書面(1)」

訴訟の起因等について釈明を求める。

第1 平成16年5月18日の知事記者会見で、「平成16年4月23日付けで、新潟県知事から被告SDGに対して損害賠償請求の通知(乙D第15号証)を行ったが、その回答から判断し、6月議会の議決を得たうえで提訴し、請求の実現を図っていくしかないと考えている。」という会見があり、その後、平成16年9月7日に、原告新潟県が本件訴状を新潟地方裁判所に提出した。その9月7日に、知事は「これまで損害の賠償を誠意を持って求めてきたが相手方の理解が得られず、止むを得ず提訴に至った。」とコメントしている。
しかし、被告SDGの平成16年5月10日の回答は、賠償請求の拒否ではなく、事故発生以来、一貫して行ってきた、真の事故原因を明らかにするための対話の要請であった(乙D第16号証)。
にも係らず、事故発生以来、原告は、何らこの要請に応じることなく、一方的な判断により本件提訴に至った理由は何か?
その理由を回答される事を要求する。
 
第2 乙D第16号証の被告SDGの回答書にあるとおり、SDGは一貫して原告に、「事故原因調査結果報告書」(甲第1号証)の内容に疑義があることを申し出ていた。しかし、公共性、中立性を旨とする公的機関であるはずの原告新潟県は、このSDGの疑義に全く回答しなかった。
甲第1号証の報告書は、平成16年1月19日に事故調査委員会から新潟県知事に提出されたものであるが、その後、提訴する9月7日までの約8ヶ月の間に、原告は被告6社に調査結果の説明を行ったのか? 少なくとも被告SDGは、調査結果について全く説明を受けていない。なぜ、原告は、調査委員会の調査結果の説明を何ら行うことなく、一方的に提訴を行ったのか、その理由の回答を求める。
また、調査結果の信憑性を検証するために、原告は、他の公的機関または専門機関からの意見聴取、検証解析、検証実験などを行って来たのか? これについても回答を求めるものである。
 
第3 さらに、乙D第16号証の回答書の後段にあるとおり、損害賠償請求を現在の被告6社に求めるのは不合理である。すなわち、本件デッキの施工に従事した鉄骨工事(大川トランスティル株式会社)、ロッド工事(神鋼建材工業株式会社)に不適切な工事の疑義があり、請求対象とするべきなのである。
特に、甲第1号証の報告書・添付資料57ページから93ページの上弦材鉄骨破断面調査結果に、不完全な調査ながら、おびただしい溶接欠陥の存在が認められ、鉄骨工事の不具合を証明している。
それにも係らず、乙D第16号証の後段の建議をも無視した理由の回答を求める。
 
第4 原告新潟県は、事故調査委員会の第三者性は確保されていたとしている。ならば、もし調査委員会の報告書に誤りがあれば、その責任は、当然、調査委員会に帰するものである。原告はその様に判断していると理解して良いか、回答を求める。
崩落したのは5スパン中、1スパンだけであるにも係らず、他の4スパンの解体撤去を建議したのは調査委員会であり(甲第1号証の報告書P132〜P137)、その必然性を他の誰も検討していないし、承知していない。この判断に誤りがあれば、解体撤去した4スパンについての賠償請求は調査委員会に対して行なわれるのが筋である。原告はその様に判断していると理解して良いか、回答を求める。
本項の求釈明は、仮定の問題として提起しているのではなく、調査委員会の第三者性とは具体的に何か、を問うものである。
 
添付証拠
乙D第15号証 新潟県知事からの損害賠償請求通知書
乙D第16号証 SDGから新潟県知事にあてた賠償請求についての回答書


back  |  序章  | . . . . . . |  第2章_6  |  第3章  |  第4章  | . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  第28章  |  終章  |  next

SDG
Copyright 1997 Structural Design Group
Updated October 14, 2005